イトーヨーカドーとAmazonフレッシュの違いを比較!おすすめを紹介します

「スーパーでの買い物って本当に大変・・・」

そう思っているママのみなさん、ネットスーパーの利用を検討したことはありませんか?昨今、さまざまなスーパーが、ネットスーパー事業を展開しています。「どこがいいのかな?」と悩んでしまう方も多いはず。

テレビCMなどでもよく見かけるイトーヨーカドーのネットスーパーとネット通販大手のAmazon フレッシュの2つを比較してみました。それぞれの長所・短所をしっかり押さえて、ぜひネットスーパーを活用して買い物をもっと楽にしてみませんか?

Amazonフレッシュとイトーヨーカドーの卵の種類と価格で比較

多くの家庭で頻繁に購入する「卵」。

スーパーによってどのくらい違うのか気になりませんか?イトーヨーカドーとAmazonフレッシュではどんなラインナップがあるのか調べてみました。

一般的な10個入り生卵の場合、卵のカテゴリーから検索すると、イトーヨーカドーネットスーパーでは、税抜188円〜320円まで全部で6種類が販売されていました。

Amazonフレッシュでは、税抜211円〜312円で9種類の販売がありました。

イトーヨーカドー 6種類 188~320円
Amazonフレッシュ 9種類 211~312円

金額的には両者ともそこまで大きな差はありません。

ここで忘れてはいけないのが、広告掲載商品です!!

イトーヨーカドーでは、店舗の価格と同じにしています。広告で『本日、卵100円!』となっていれば、ネットスーパーでも対象の卵は100円です。

チラシをチェックしながらお買い物すると、お得です!

取扱商品の品数と価格も比較してみました

家庭でよく購入する品目のうち、たまごのほか、豆腐やひき肉、パン派の人の朝食に欠かせない食パンやマーガリンなどはどうでしょうか。こちらも比較もぜひ参考にしてくださいね。

イトーヨーカドー Amazonフレッシュ
カテゴリー内の数 価格(円) カテゴリー内の数 価格(円)
卵(10個入) 6個 188~320円 9個 211~312円
豆腐(300~400g) 6個 100~198円 33個 64~201円
牛豚合挽肉(100gあたり) 9個 98円 3個 105円
食パン(各種) 62個 75~324円 40個 95~281円
マーガリン 17個 161~348円 11個 154~363円

上記項目の中で大きな差があったのは、豆腐とひき肉です。

豆腐については、圧倒的にAmazonフレッシュの方が種類も多いです。いろんな味の豆腐があったり、中にはオイシックスのお豆腐もあります。価格においても、近所のスーパーとほぼ変わらないので、お手頃だと思います。

ひき肉については、イトーヨーカドーでは産地や種類(鶏、豚など)、部位など幅広く取り扱いがあるので、料理に合わせてお買い物がしやすいです。一方、Amazonフレッシュで取り扱っている種類は少ないので、料理は限定されてきますね。冷凍での取り扱いがあるので、ストックとして購入されるといいかもしれません。

 

Amazonフレッシュは検索方法が使いやすい!

Amazonフレッシュでは、カテゴリーから検索した際、ベストセラーの表示はもちろん、おすすめ順、価格順に加え、「レビュー評価順」といった検索方法で商品を選ぶことができます。レビューが書いてある商品は見てみましょう。いつもと違う商品を購入してみたいけど、失敗したら嫌だな……。という場合には、とても参考になります。

レビューを読んで、どんどん新しい商品を試してみてください

イトーヨーカドーは要望に最大限応えてくれる!

スーパーに買い物に行くと、直接店員さんに

「レジ袋いらないです。」

「このお魚、さばいてもらえますか?」

など、こちらの要望を伝えることができますよね。

しかし、ネットスーパーはできないと思っていませんか?イトーヨーカドーのネットスーパーは、私たち消費者側の要望が叶ってしまうんです!

  • お肉のパックをまとめてほしい
  • 魚を三枚おろしにしてほしい
  • レジ袋を極力少なめにしてほしい

など、可能な限り対応してくれるんです。まさに『お家にいながらスーパーで買い物をしているよう』ですよね。

Amazonフレッシュを詳しく見る

Amazonフレッシュとイトーヨーカドーの送料を比較

 

いくら購入すれば無料になるのか?など気になるポイントの1つですね。

スーパーによっては、新規入会特典や各種キャンペーンなどで送料無料の期間を定めているスーパーもあります。

2018年7月現在、イトーヨーカドーは配達を担当する店舗によって、配送料に変動があります。私の住む東京都世田谷区では、購入金額に限らず、1配送につき324円(税込)が購入金額にかかわらず必要となります。

Amazonフレッシュは、6,000 円以上(税込)の購入に限り送料が無料となっています。通常の買い物で毎回6,000円前後は購入する我が家にとってはありがたいサービスです。特に週末にまとめ買いをする家庭にとって、6,000円はそこまで大きなハードルではないように思えます。

送料
イトーヨーカドー 購入金額に関係なく1配送につき324円(税込)
Amazonフレッシュ 6,000円以上(税込)で無料

そして、Amazonフレッシュにはなく、イトーヨーカドーだけにあるメリットとして、妊婦さんや赤ちゃんママを対象にした、送料が100円になるキャンペーンも行っている場合があります。子育て中のママはぜひ該当するかをイトーヨーカドーホームページでチェックしてみましょう。

Amazonフレッシュとイトーヨーカドーの配送エリア

自分の住むエリアが配送エリアであるかどうかというのは、サービスを利用する前に知っておく必要があります。

イトーヨーカドーは全国展開しています。近隣の店舗がネットスーパーを行っているなら配達可能です。近くのイトーヨーカドーがサービスを展開している場合はもちろん、ちょっと離れている店舗でも配達エリアが広い店舗もありますので、自分の自宅が配達エリアかどうかホームページより検索してみてください。

Amazonフレッシュは、東京都18区2市・神奈川県川崎市の6区ならびに横浜市の11区・千葉県の一部エリアを中心に展開しています。Amazonフレッシュのトップページで表示されるポップアップで郵便番号を入力すると対象エリアかどうかも簡単に検索できるので、まずは検索してみましょう。

 

 

Amazonフレッシュとイトーヨーカドーのポイント制度

食材の購入は定期的ですから、ポイントがつくかどうか、どのくらいつくかなども主婦にとっては気になりますね。

イトーヨーカドーでは、セブンカードで購入した場合、200円(税込)につき1ポイントがつきます。nanacoポイントについては、ネットスーパーでnanaco番号を登録すると100円(税抜)につき1ポイントが付与されます。セブンカードを持っていなくても、簡単に作成できるnanacoカードをお持ちの方は、こちらが利用できるのはうれしいですね。

Amazonフレッシュでは、ポイントの付与がありません。ポイントをどんどん溜めていきたいという方にはちょっと残念です。

ポイント制度
イトーヨーカドー あり
   セブンカード 200円で1ポイント
    nanacoカード 100円で1ポイント
Amazonフレッシュ なし


Amazonフレッシュを詳しく見る

Amazonフレッシュとイトーヨーカドーは不在時でも良心的な対応

忙しいから利用したいネットスーパーですが、宅配を予約した時間に急遽外出しなければならなくなった、帰宅できなくなったなどの場合はどうでしょうか。

イトーヨーカドーの場合、「不在票」がポストに投函されます。しかし、不在の場合、多くは一度ドライバーさんから登録した電話番号に連絡が入るようです。基本的には当日中であれば無料で再配達してくれます。しかし店舗によって対応が異なったりすることもあるので、こちらは取扱店舗に確認が必要です。

Amazonフレッシュの場合、配達の方がすべて持ち帰り、その注文はすべて一旦「キャンセル」の形となります。そして一旦キャンセルされた商品ですが、再度購入する場合、過去の購入履歴より一括で買い物カートにいれることができるところがポイントです。万が一キャンセルになってしまった場合でも、また最初から選び直さなくてよいというのはありがたいです。

 

 

しかし、いずれの場合も、万が一不在の場合の対応です。配送員の方の事も考えると、やはりできるだけ決めた時間には在宅するようにしましょう。そして、どうしても難しそうといった場合、Amazonフレッシュでは、商品が配送センターを出る数時間前まではキャンセルが簡単にできます。キャンセルも、ログイン後、ワンクリック・無料でできますので、かならず実施しましょう。

 

 

Amazonフレッシュとイトーヨーカドーの注文〜商品到着までの最短日数・時間は?

Amazonフレッシュイトーヨーカドーの最短日数は?

イトーヨーカドーの多くの店舗では16時までにネットで注文すると、当日お届けが可能です。お届け時間は最短4時間!午前中の空いた時間に注文して、午後や夕方に受け取ることも可能です。

Amazonフレッシュも在庫状況に応じて最短4時間で当日お届けが可能です。忙しい主婦の方にはどちらをとってもありがたい対応ですねの。配送時間帯については少しちがいますので、ここは要チェックです。

イトーヨーカドーとAmazonフレッシュ、どちらも最短4時間で当日がお届け可能!

Amazonフレッシュイトーヨーカドーの配送時間帯は?

イトーヨーカドーは午前12時〜夜21時まで6つの時間帯があります。

Amazonフレッシュは朝8時〜深夜12時まで8つの時間帯があります。

Amazonフレッシュでは朝の早い時間帯も選択できるので、お出かけ前に受け取ることができるのは助かりますよね。また、勤務後夜帰宅し、家事が一段落する10時すぎに受け取れるので、とてもいいと思います。

 

商品代以外にかかる必要(入会金・年会費)は?

イトーヨーカドーネットスーパーは入会金・年会費が無料です。

Amazonプライム会員およびPrime Student会員は、月額500円(税込)でAmazonフレッシュが利用することができます。

イトーヨーカドー 入会金・年会費無料
Amazonフレッシュ 月額500円

とにかく一度使ってみたいという方にとって、入会金・年会費が無料なのはありがたいと思います。

また、プライム会員は年間3,900円の会費(Prime Student会員は1,900円/年)が発生しています。なので、1年で年会費は9,900円(Prime Student会員は7,900円)かかります。

Amazonフレッシュでは、新規ユーザーのために、クーポンの配布やキャンペーンを行っていますので、ぜひ活用してみましょう。4,000円以上の買い物で使えるお試しクーポン1,000円を3枚分などの配布を行っているようです。(2018年7月現在)

また割引率が50%〜20%などのセールを頻繁に開催しています。このセールを上手く活用することにより、月額500円を確実に回収することも可能です。このように実際に利用してみなければわからない使い勝手やメリットがたくさんありますので、ぜひまずは利用してみることをおすすめします。

 

ネットスーパーを選ぶ時の基準は、商品数だけじゃない!

それぞれメリットやデメリットがありますが、特徴を理解して上手く利用すれば、ネットスーパーは買い物を楽にしてくれるサービスであるのは間違いありません。

また、月額料金や送料がかかったりすることもありますが、上手く割引を利用したり、便利な機能を活用することにより、月会費や送料以上に、買い物の質や価格にてメリットを得ることも可能です。

 

では具体的にどんな家庭にそれぞれイトーヨーカドーまたはAmazonフレッシュが良いのでしょうか。

これまで見てきたように、イトーヨーカドーは重要な商品の品揃えもAmazonフレッシュ同様十分とのことですが、少し気になるのは送料324円が必ずかかるというポイントです。食品はかならず一度にまとめ買いをするといった家庭には、購入金額によって送料が無料になるAmazonフレッシュの方がお得に利用できるといえるでしょう。

しかし、イトーヨーカドーの方は、小さいお子さんがいる子育てママは送料が100円となるメリットがありますので、そのようなご家庭はどちらがいいか要検討かもしれません。朝一や深夜時間帯の配送がどうしても必須!という方にとっては、Amazonフレッシュが向いています。

<イトーヨーカドーが向いている家庭>

  • 北海道から広島まで、地域が広い
  • 子育て世帯
  • まとめ買いしたい
  • nanaco会員である

<Amazonフレッシュが向いている家庭>

  • Amazonプライム会員である
  • 月に何回も購入したい
  • 関東在住
  • スーパーでなかなか取り扱わない商品など購入したい

ネットスーパーは品揃えや配達時間帯だけでなく、検討する様々なポイントがあります。

食材などの買い物は欠かすことのできないこと…重要なのはやはり、どれだけ便利にコストを抑えてサービスを利用できるかということに尽きると思います。

ぜひそれぞれのご家庭にあった賢いお買い物をし、家事を楽にしませんか。

Amazonフレッシュを詳しく見る

コメント