直接聞いてみた!オイシックスのフレッシュ便の送料・配送地域・申し込み方法

あまり知られていませんが、食材宅配会社のOisix(オイシックス)も、自社配送を行っています。名前は『フレッシュ便』です。

このフレッシュ便を利用すると、留守にしていても、玄関先などに保冷バックで置いておいてくれます。だから、配達を気にせず外出できます。
また、フレッシュ便を利用すると、早朝に届けてもらうこともできます。便利です。

 

……と、Oisix(オイシックス)のフレッシュ便は、けっこうメリットがあります。でも、じゃあ、いざ「フレッシュ便を使いたい!」と思っても、1つ問題があります。

このフレッシュ便、いくら調べても

  • 送料
  • 配送地域
  • 申し込み方法

といった情報が出てこないんです。オイシックスの公式ホームページでさえ、「配送エリアは東京都23区の一部地域です」くらいしか書いていません……。

便利そうなのに、なんで??

そう思って、オイシックスに電話したら、情報が出てこない理由がわかりました。

その理由を含めて、これから、Oisix(オイシックス)に直接聞いた、フレッシュ便の

  • 特徴
  • 送料・届く商品
  • 配送地域
  • 申し込み方法

をご紹介します。

Oisix(オイシックス)の自社配送フレッシュ便の特徴

Oisix(オイシックス)の自社配送便「フレッシュ便」には、3つのメリットがあります。

 

留守でも指定した場所に商品を置いていってくれるから、自由に外出できる!

Oisix(オイシックス)のフレッシュ便、商品の受け渡しは「基本手渡し」です。

でも、Oisix(オイシックス)の基本の配送方法である「ヤマト運輸」の配送と違って、留守でも再配達にはなりません。

画像の保冷箱に入れて、玄関や宅配ボックスなどの指定した場所に食材を置いていってくれます。

きゅーくん
きゅーくん

なんだか生協みたいだね。

だから、「もうそろそろOisix(オイシックス)の商品が届くから外出できない」と言ったことがありません。自由に外出できます。

 

なお、保冷箱には保冷剤・ドライアイスを入れていってくれますので、冷蔵・冷凍いずれの商品でも大丈夫です(5時間分なので、あまり長い時間帰ってこないのはまずいですが)。

 

これぞ自社配送のメリット。早朝お届け便あり!

Oisix(オイシックス)のフレッシュ便では、お届け時間帯を次の2つから選べます。

  • 早朝~午前8時
  • 午前8時~午前12時

早朝便を使えば、『朝起きたら、玄関先に商品が置いてある』という感じなので、朝ごはんに新鮮な食材を並べることも可能です。

また、早朝便では呼び鈴もならさないので、睡眠の邪魔にもなりません。

 

起床前の早朝に商品を届けて貰える食材宅配サービスは他にありません。時間を有効活用したい人にはもってこいです。

 

段ボールゴミが出ないので、エコ!

フレッシュ便では、商品はビニール袋に入った状態で手渡されます。

オイシックスの最大のデメリットかもしれないゴミが、少なくなります!

下の画像のような段ボールは届きません。

 

エコです。

そして、段ボールの置き場所にも困りませんし、ゴミを出す手間も減ります。

 

 

Oisix(オイシックス)のフレッシュ便の送料と商品は、普通の配送と同じ!

Oisix(オイシックス)へ問い合わせてわかりましたが、フレッシュ便は自社配送ですが、らでぃっしゅぼーやのように、送料が割引になることはないそうです。

 

(参考)オイシックスの送料

■定期宅配『おいしっくすくらぶ』に加入していない場合

注文金額(税抜) 送料(税込)
8,000円以上 0円
4,000円~7,999円 500円
0円~3,999円 1,000円

 

定期宅配『おいしっくすくらぶ』に加入している場合

ご注文金額(税抜) 送料(税込)
6,000円以上 0円
4,000円~5,999円 200円
0円~3,999円 600円

 

フレッシュ便であろうと、通常便であろうと、選べる商品はまったく同じです。

 

フレッシュ便の配送地域は東京23区。ただ、人数の枠に空きがないとダメ!

『オイシックスのフレッシュ便の配送地域は、東京23区の一部です』と、公式HPには書かれています。

でも、

一部ってどこ!?

と思いませんか?わたしは思いました。だから、問い合わせてみました。返ってきた答えがこちらです。

オイシックスのフレッシュ便は自社配送ですので、配送地域ごとに利用できる方の『人数の枠』が決まっています。この枠が空いている地域の方は利用できるのですが、空いていないと、利用できません。

んん…少し、わかりにくい……。

こう思ったので、さらに、

利用できる地域は厳密には決まっていなくて、タイミング(人数の枠が空いているかどうか)によって変わるということなんでしょうか?

と聞いてみました。

左様でございます。

 

結論!

オイシックスのフレッシュ便の配送地域は、東京23区の一部。この『一部』は、オイシックスの自社配送便ごとの宅配人数の空き状況で変わる!

 

配送地域がわからないのに、

どうやって申し込むんだーーーー!

 

というわけで、フレッシュ便の申し込み方法に続きます。

 

Oisix(オイシックス)のフレッシュ便の申し込み方法

申し込み方法については、やり取り省いて結論だけ!

 

フレッシュ便の申し込み方法

①オイシックスに加入していて、
②東京23区内で利用していて、
③住んでいる場所のフレッシュ便の『人数の枠』に空きがでたら、
Oisix(オイシックス)から、該当の人にメールで「フレッシュ便利用しませんか?」と連絡が来るそうです。

『使いたい!』と思っても、Oisix(オイシックス)の自社配送便の枠が空いていないとダメなので、Oisix(オイシックス)から連絡をもらった人しかフレッシュ便には申し込めません。

これを聞いて、オイシックスの公式ホームページにもフレッシュ便の詳細が書いていない理由がわかりました。

入れる人が限られているんですから、大々的に宣伝してもしかたないですもんね。

オイシックスによって選ばれた人だけ使えるなんて!

連絡が来たら、ラッキーすぎますね!!

調査結果:オイシックスのフレッシュ便は、東京23区の限られた人だけが利用できるサービス!

というわけで、Oisix(オイシックス)のフレッシュ便について調べて見ましたが、結果としては、残念ながら、「入りたい!」と思っても入れるものではありませんでした。

現状は、東京23区に住んでいて、オイシックスから連絡をもらった人だけが入れるサービスです。

 

ただ、2018年にオイシックスがらでぃっしゅぼーやを買収したので、今後、らでぃっしゅぼーやの自社便を活用することで、フレッシュ便に入れる地域が増えたり、送料も下がったりしないかな?と個人的には期待しています。

 

*オイシックスの4種類のお試しセットと、その割引率をまとめた記事

コメント