パルシステムは離乳食に便利!時短×安全を両立したその魅力をご紹介します

赤ちゃんが生後5~6ヵ月頃になると、いよいよ離乳食が始まります。

母乳やミルクしか口にしていなかった赤ちゃん。

離乳食はドロドロのペースト状からスタートして、慣れてきたらどんどん大人の食事に近づいていきます。

準備した離乳食を食べてくれる姿はとってもかわいくて愛おしいものですが正直、離乳食って一から用意すると手間と時間がかかって面倒……。

 

離乳食初期は赤ちゃんでも消化しやすいように、やわらかーく煮てから野菜を裏ごししないといけません。

量も少ない上に、ペースト状にするまでの工程が多くて、楽しいよりも面倒な気持ちが強くなりがちな離乳食。

パルシステムにはそんな面倒を省ける商品やサービスがありますのでご紹介します。

パルシステムには離乳食に便利な裏ごし野菜・キューブあり!

裏ごし野菜を1食ごとに毎回用意するのは面倒なので、まとめて作って冷凍する方も多いと思います。

しかし、たくさんの野菜を裏ごしするのってかなり労力がかかりますし、洗い物も大変ですよね。

 

そこで便利なのがパルシステムの裏ごし野菜・キューブです。

パルシステムで取り扱っている安心安全な野菜を裏ごしして冷凍したもので、キューブには野菜が数種類使われています。

約1食分ずつに分けられているので、使う時も簡単です

1つずつ解凍したら、おかゆに混ぜてリゾット風にしたり、出汁に溶かしてスープにしたりと使い方は色々で、手軽に栄養が取れます。

単品じゃないので、使われている食材のアレルギーがないか……まずは単品で食べさせてからこのキューブを利用してくださいね。

パルシステムの裏ごし野菜の内容・価格

yumyum産直うらごしにんじん(330g) ¥308(税込)

産直のにんじんが裏ごしされて、15区画のトレーに入った商品。

人参は鮮やかでアレンジもしやすいので、離乳食にはもってこいです。

頻繁に使用するだろう食品だからこそ、いつも冷凍庫に入っていたら安心しますよね^^

yum yum産直うらごしコーン(230g) ¥308(税込)

産直のコーンが裏ごしされて、15区画のトレーに入った商品。

とうもろこしって、甘いから離乳食にいっぱい使ってあげたいんですが、なんせ裏ごしが大変。

一粒ずつ外して茹でて潰して……とうもろこしをペースト状にするのは肩が凝りますよ。

その面倒な工程をすっ飛ばして食べさせてあげることができる、この商品は大活躍しています。

パルシステムのバランスキューブ

バランスキューブ(黄•緑) (140g×2種) ¥430(税込)

数種類の野菜を裏ごししてキューブにした商品です。

キューブは黄色と緑色の2種類が12粒ずつ入っていて、

  • 黄キューブ……かぼちゃ・にんじん・たまねぎ、
  • 緑キューブ……かぼちゃ・とうもろこし・ほうれん草・じゃがいも

が使われています。

初期はおかゆに混ぜてリゾットに。

中期はマカロニやパスタに混ぜてもおいしいご飯が出来上がります。

忙しい時に、数種類混ざっている野菜キューブは重宝します!

パルシステムの食材が離乳食におすすめの理由4つ

パルシステムの徹底した安全基準をクリア!離乳食で赤ちゃんにも安心

パルシステムで取り扱われる食料品はほとんどが国産で、保存料・合成着色料無添加です。

さらに食品の残留放射能検査は国よりも厳しい基準でチェックしています。

離乳食で取り扱われている食材も、もちろんすべてパルシステムで扱われている食材を材料にしているので、安心して食べさせてあげることができます。

パルシステムの離乳食は、素材の味を大切にしている

パルシステムは化学調味料不使用に取り組んでいるので、食材そのものの味を味わえます。

味覚は子供の時に食べたもので培われますから、なるべく食材が持つ本来の美味しさを感じて欲しいですよね。

 

化学調味料で気になるといえば「だし」があると思います。

離乳食では塩分を少なくするため、「だし」を上手に使うといいと言われていますよね。

パルシステムではだしをとるカツオ節、昆布、いりこなどの乾物も取り扱っていますし、パックに乾物のパウダーが入っているだしパック、化学調味料不使用の顆粒だしの取り扱いもあります。

私はだしパックをよく利用するのですが食材と一緒に鍋に入れて煮て、出来上がったらパックを取り出すだけなので、楽チンでかつ旨味の強いだしが取れるのでおすすめです。

自分に合っただしを使って、自然な旨味を赤ちゃんに感じてもらえるといいですね。

パルシステムは冷凍野菜でもおいしくて食感がいい

パルシステムの冷凍野菜は食感がいいんです。

私が特にお気に入りなのは冷凍のほうれん草です。冷凍なのにシャキッとしていて、味もおいしいです。

離乳食の後期になってくると、だんだん大人と同じ硬さ、形態の食事になります。

離乳食が進んでいって、固形物に慣れたら味だけでなく食感も楽しんでほしいですね。

パルシステムのパラパラの鶏ひき肉が離乳食作りに使える!

パルシステムで人気の商品に冷凍のひき肉がありますが、離乳食作りではとりひき肉がかなり使えます。

赤ちゃんには脂っこいものは食べさせられないので、離乳食が進んでタンパク質を始めたら鶏ひき肉をあげます。

パルシステムのパラパラのひき肉なら、冷凍状態から好きな量だけ取り出して加えられるので離乳食にぴったり!

野菜と一緒に煮てそぼろ煮にしたり、チキンボールを作ったりと便利です。

ママも嬉しいポイントがパルシステムにはたくさん!

子育て割引きがあるから家計にもやさしい!

生協の多くは小さな子供がいると、手数料が割引になる特典が受けられますよね。

パルシステムにもその特典があります。

 

特典の内容は住んでいる地域で異なるのですが、私が住んでいる神奈川県は1回216円の手数料が、ベイビー&キッズ特典を利用すると母子手帳交付後、生協が申請書を受理した時から1歳になる予定月の最後の週まで無料になります。

1歳を迎えた翌月からは小学校入学前の3月末日まで、1回5000円以上の注文で手数料が無料になります。

赤ちゃんが1歳になるまで毎月864〜1080円お得にパルシステムを利用できるのは嬉しいですね。

パルシステムは生協の中でも離乳食に使える商品が豊富なので、子供が離乳食を食べる間だけパルシステムを利用する方もいるようですよ。

離乳食レシピが充実!公式サイトでたくさん紹介されています

離乳食を始めて、一通りの食材を食べさせた次は色々なメニューを作るようになります

赤ちゃんの口に合う食材で、飽きさせないように献立を考えるのは大変ですよね。

つい同じようなものばかり出したくなりますが、子供がどんな料理が好きかも知りたいし……。

そんな時にありがたいのが公式サイトで紹介されているレシピです。

大人でもおいしそうと思う離乳食メニューが色々と紹介されているので助かります。

カタログに育児情報がいっぱい!

「yum yum」という赤ちゃん、子供向けのカタログがあり、離乳食に使える食材はこのカタログに載っています。

このカタログのコンセプトは赤ちゃんとキッズの「食べる」と「遊ぶ」を応援するというもので、食材だけでなくオムツや歯ブラシなど日用品やおもちゃなども載っています。

のでこのカタログをチェックしておけば、子供にどんなものが必要か、必要になるのかが把握できます。

また食材にはどのくらいの月齢、年齢から食べられるのかの目安が記載されているので買うときに参考になります。

パルシステムの離乳食の口コミ

ツイッターでパルシステムの離乳食の口コミを探すとたくさん出てきます。

便利、楽チンという声が多いですね。皆さん子育てで忙しいので、時短のために利用している印象を受けます。

パルシステムの離乳食はお試しセットで味見できます。気になる方は、1度お試しを!

パルシステムには赤ちゃんとママのおためしセットが用意されています。

6品で2,000円相当の商品が1,000円とお得に購入できます。

7/1~7/31の1ヶ月間、

期間限定でなんと500円ですよ~!

冷凍の裏ごし野菜などの離乳食作りに使える食材や、料理をする時間がない時に便利な商品も入っていますので、興味のある方は1度お試ししてみてください。

\赤ちゃんとママのお試しセットはWeb限定!!/

今だけ500円!パルシステムのお試しセットはこちら

コメント